楽譜の読めないわたしがアレクサンダー・テクニークを続けている理由

だ・である調で書く

わたしの趣味は、音楽だ。

聞くのも好きだが、演奏(演奏なんていうとカッコつけてるな)するのも好きだ。

なぜって?

それは楽しいからに決まっている。

音を出す。音を感じる。出した音が失敗して変な音だったとしても面白い。

理屈で説明できないのである。


タイトルに戻る。

「アレクサンダー・テクニークは、譜面も読めないような演奏感覚派のあなたに良いですか?」と聞かれれば、

答えはそう、「良い」である。

なぜって、より楽しく演奏できるのだから、感覚派の自分にはバッチリハマっているのだ。

それが、わたしがアレクサンダー・テクニークを続けている理由なのだ。


P.S. 文章を書く練習をしています。冒頭にも書いているとおり、「だ・である調」で書く練習をしました。書いている内容は本当の自分の感じていることを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です