(Logic Pro)ピアノの音が痛くなくなった。

[症状] DTM、ピアノの打鍵音が耳、体に痛い。

(内容)パソコン Macのスピーカーやヘッドホンで打ち込んだ音を聞いて作業をしている。ピアノの打鍵音が尖っているような音に聞こえる。コンプレッサー、EQをかけても根本的な解決しない。リバーブをかけると音の尖はなくなるが、そもそものピアノの音でなくなってしまう。どのようにしたらピアノの音の鋭さが無くなるのかわからなくて困っている。

<環境>
Logic Pro X : 10.4.1
MacBook Air : 2012 mid
MacOS : High Sierra 10.13.6

(解決)オーディオインターフェースのフォン端子にヘッドホンを接続する。

[教訓]ヘッドホンは、オーディオインターフェースのフォン端子に繋ぎましょう!パソコンのフォン端子じゃないぞ。

ーー

この教訓に至るのに2年が経過したような。

普段、私、オーディオインターフェース、箱にしまっています。

ギターを録音しないときは、オーディオインターフェース使わないから。

なので、Logicを立ち上げたら、MacBookのスピーカーで音を聞いたり、ヘッドホンをMacBookのフォン端子につないだりして作業をしてました。

でもピアノの打鍵音を何度も聞いていると、だんだん首が痛くなってくるのです。

Google検索してもそんな話題は見つからない。YoutubeでLogicの使い方を教える動画のピアノ音も良い音している。

ピアノの音で首が痛くなっているのは俺だけ?なんでだろう?と。

 

コンプ?EQ? というか、俺の耳が変? などなど疑問は尽きない。

 

でも解決しないので、そのとき、そのときなりに過ごしておりました。

 

ふと、足元を見ると、オーディオインターフェースが。

もしかして、と、久しぶりにオーディオインターフェースを出して、フォン端子にヘッドホンを繋ぐと。。。

「めちゃめちゃ、良い音する!」

「ピアノの音、痛くない!」

良い音で、痛くない音で聞こえるので、出来上がりの音も良くなった。

音が良い。体も健康。なんと嬉しいことか。

 

ひとまず、この問題についてはここまで。

解像度の作業に対する影響がわかった私は、次はモニタースピーカーを購入することを考えようと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です