観察日記(右手)

正座をして座る。

左手を首の後ろや前、横に手を当てて、

右手を握ったり、開いたりするときに、首にどんな動きがあるか観察する。

右手を握ると、
首の前側:縮む動き
首の右側:何の動きも感じない
首の後ろ側:何の動きも感じない
首の左側:少し縮む動き

右手を開くと、
首の前側:縮む動き(握るときとは反対方向へ)
首の右側:何の動きも感じない
首の後ろ側:大きく縮む動き
首の左側:何の動きも感じない

でありました。

太字にしたところが、予想外の動きで面白いと感じた私です。

地味で地味で地味なトレーニング

前にスティックを持った時に、納得する感じがしなかったら、叩くのをやめてスティックを置く。

ということをしていた。数えたら、合計113回となっている。

その練習をしてて、気づいたことは、叩くのをやめて、スティックを置くと、肩のあたりや胸、背中のあたりが和らぐということだった。

力が入り過ぎているからダメなんだ!ということじゃなく、とにかく、スティックを握るときと、握っていない時では、自分の身体の状態に変化があるということが分かったのです。

この練習を始めた最初の頃は、「スティックを握っている時、力が入り過ぎてダメなんだ!」と思ってしまった。

そして、ブルースセッションにいって、叩いている最中にも力を抜こうとしていた。演奏は変なことになってしまった。

今、振り返ってみるとそれは当たり前だなと思う。

何せ、演奏中に身体のチカラ、リキミを抜こうということに意識を多く取られているのだから。そしてさらに、一緒にやっているメンバーの音を聞いたり、どう盛り上げたらいいかなんて考えていて、とても忙しいのだ。

よっぽど、一緒に演奏しているメンバーと楽しむには、どんな音を出しちゃおうかなと思ってやっている方がいいよな。

 

さて、最近はさらに地味な練習をしてみている。

ドラムの動きをしようとした時に、首のあたりの筋肉に縮みがあるかどうかを丁寧に見ているのだ。

片方の手で首の後ろに手を当てて、もう片方の手はスティックに手を伸ばそうとする。

その時、首の後ろがどうなっているかを観察してみる。

ちょっと筋肉の縮む動きがあったら、ただ「ああそうか、私は手をスティックに持って行こうとすると、首の後ろに縮む動きがあるのね」と観察している。

それに対して何もしない。呼吸を2〜3回してみる。

どこに行くかはわからないが、この地味なトレーニングを続けてみるのです。

効果?はブルースセッションで試してみたいと思います。

 

初めて!シャッフル、気持ち良く叩けた

今日はブルースセッションに行きました。

合っているかどうかは、一旦脇に置かせてもらいまして、とにかくシャッフルが、自分の中で初めて気持ち良く叩けました!

今までは、3連を意識はしているし、一応、3連の1つ目と3つ目に音は出しているけれど、なんかノリが違うというのを感じていた。

そして、他のパートの人をどう盛り上げようとすると、私の持っている手札は、音を大きくするということだった。

でも今日は違った。

一番、二番と歌が終わり、ギターソロ回しが始まった。

出だしはギターの人がどんな風にでも展開できるようにドラムは静か目に始めた。

そしてだんだん盛り上がってきたところで、音の大きさだけでなく、ノリを大きくすることができた。(と少なくとも自分は感じた。)

それがギターやベースなど、他のパートにも届いたように思う。

そして嬉しかったのは、自分がドラムを叩いていて楽しかったのだ。

ドラムを始めた頃、ドラム叩きゃ楽しいのは、当たり前だった気がするが、いつからか、これでいいのか?なんか違うみたいのを頭のどこかで考えてた気がする。

はぁ、次も楽しく叩けるといいな!

そうそう、何を変えて行ったかというと、腕の脱力ばかりをしていて、ドラムを叩くときに、なんか肩のあたりに違和感を感じていたのです。

そして、その違和感は、腕から来ているのだろう。

ならば腕を何とかしなければいけない。

というのが、今までのアプローチだったけれど、それが間違っていた。

肩って腕でもあるが、胴体の一部だったんだ。

肩、胴体の一部だよーってドラムを叩き始めたら、脚も踏みやすいし、腕も動かしやすいせいか、スネアがビシッ!っと決まった。

さて、これで、明日以降、身体が痛くなければ、この方向性で間違っていないということだろう!

年老いているおいらの体は、レスポンスにタメがあるのだ。

いたわってやらねば♫

ではでは。