私の胴体 ボックスですか、円柱ですか?

日々ドラムを探求しているしげゆきです。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

先日、スピッツのコピーバンドの発表があって、楽しかった私です。

発表も終わり、「次はもう少し余裕のある音を出したいな」、なんて新しい欲求が生まれたりしています。

どうしたら余裕のある音が出るのか?

そんなことを探求しておりました。

友人宅を訪れた時に、ドラムの話になり、自分の叩いているところを少し見てもらったんです。

そしたら、友人から「胴体の肋骨のあたりってどんな感じで考えてるの?」と質問がありました。

私は「丸い感じで考えたいのだけれど、なんだかボックスみたいになっちゃうんだよね」と答えました。

「せっかくなので、肋骨は、円柱のようで、そして、肩甲骨はその円柱に沿って自由に動くように考えて、ドラムをしてみたら?」と友人。

「よーし、せっかくだ!」と、ちょっとだけ、考え直す時間を自分に取って、スティックを動かし始める私。

「か、軽い!」スティックが動く、そして、体も動きやすい。

「肩甲骨めっちゃ動いてる!」と友人とその奥さん。

肩甲骨が動いている感じがしない私。でもめっちゃ楽に叩ける。

 

私が、ボックスから、円柱の生物に生まれ変わった瞬間でした。

それでは。

P.S. そんな体の構造や動きに学ぶ講座を12月10日に開きます。
興味のある方、いらしてください。

https://www.facebook.com/events/524665947890569/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です