立ち止まるヒント

こんにちは、しげゆきです。

ドラムのレッスンを受けていた頃、まれに現実とはかけ離れたアドバイスをもらうことがありました。

例えば、

「クラッシュを肩甲骨のあたりで見て狙いを定めて」

のように。

アドバイス通りにやってうまく行く方は良いと思いますが、私は不器用だったもので、

「目は頭のところにあるのに、なんで肩甲骨でクラッシュを見ることができるの?」

みたいなことを考えながら、先生のアドバイスを実行しようと頑張っていました。

が、やっぱりうまくいきませんでした。

 

先生が現実と離れたアドバイスをしてくださっている時には、必ず理由があるはずです。

後に先生にもう少し詳しくお話しを聞いたところ、「クラッシュを叩きに行く時に、もっと腕が動いたら良いなと思って、きっと肩甲骨が動いたら良いんじゃないかなって思って、そんなアドバイスをしたんだよ」とおっしゃっていました。

聞くというのも、生徒のスキルの一つなのだなと思った私であります。

それでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です