小さな音を出す時、スティックはどう持つ?

こんにちは、しげゆきです。

私はロックやブルースのセッションに行くのですが、大抵は大きな音でドラムを叩いて大丈夫な曲なんです。

ですが、稀に、バラード系な静かな曲な時があります。

ついさっきまで、大きな音で叩いていたのに、急に小さな音でとなると、体のいたるところを使って、大きな音が出ないようにブレーキをかけていました。

でも、これは結構苦しいのです。バラード曲の終わりになると、ドラムを叩いた疲れというより、自分にブレーキをかけている疲れでいっぱいです。

何か改善できることはないだろうかと、考えておりました。

まずは、一番音が出るところに近い、スティックを持つことについて考えてみることにしました。

試しに、
・大きな音で演奏する時のスティックの持ち方と、
・小さな音で演奏する時のスティックの持ち方
について違いはあるのか見てみました。

見てみると、持ち方には違いが見られませんでした。

違いがあった点は、指の緊張感です。

大きな音で演奏する時には、指に緊張はないのですが、

小さな音で演奏する時には、指に緊張がやってくるのでした。緊張が感じられる場所は、手のひらよりも指先側にありました。

もしかすると、指全体をうまく使っていないのかもしれない?

そう思い、試しに、指のマッピングを試してみました。

指の骨は、手首のあたりからずーっと延びている、それを思い出して、スティックを持ち、小さな音を出してみました。

驚いたことに、さっきまでよりも腕全体の動きは増えたのに、小さな音が出ていました。

そして、指の緊張感はなくなっていました。

他のやり方もあるとは思いますが、一つのやり方として、ストックしておこうと思いました。

同じような症状があったら、試してみてください。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です